音の名工、オンキョー

subpage1

会社の設立は1946年。
株式会社大阪電気音響社として誕生したこの会社は、1971年に商号をオンキョー株式会社に改めます。事業の中心は一貫してオーディオで、これを軸にPC、シアターインストール、スピーカーコンポーネント事業などを展開しています。


シアターインストールとは家庭用の埋め込み型オーディオ・ビジュアル空間施工のことで、家の新築・増改築時にスピーカーや配線を壁や天井内に埋め込むことにより、音だけでなく外観もきれいに仕上げようという主旨からなる事業です。
PC事業は1998年に市販されたオーディオボードに始まります。

この製品は、少なくとも日本においては正真正銘の音響機器メーカーから発売された本物のPC用音響パーツでした。



光デジタル信号出力機能を備えたPCが当たり前になった2010年以降は、オーディオボードに代わってデジタル・アナログコンバーター内蔵のパワードスピーカーがこの分野では主流となるのですが、オンキョーのPC向けパワードスピーカーはそれ以前から、商品口コミサイトなどで根強い人気を博していました。

日本経済新聞の知りたかった情報がきっと見つかります。

なお、オンキョーは2007年に株式会社ソーテックを吸収合併し、2年後の2009年にはONKYOブランドを冠する初のPCを市販しています。

主力のオーディオ製品に関しては、ピュアコンポーネントからコンパクトコンポ、デジタルオーディオプレーヤーに至るまで数多くの商品を取り揃えています。

ONKYO情報があります。

海外に多数の子会社、関連会社を持つオンキョーのオーディオ製品はイギリスの著名なオーディオ誌"WHATFiFi?"から5つ星を受賞するなど、国外においても高い評価を得ています。